NPO奈良県精神障害者家族会連合会『まほろば会』です。

 まほろば会は、NPO奈良県精神障害者家族会連合会の愛称で、奈良県の家族会の連合会です。家族会は、身内に精神疾患の患者さんがいる家族の集まりです。精神の 病気のことや対応の仕方、暮らしのこと、年金や福祉サービスのこと、将来のこと、ご自身のことなど、悩みを共にする家族が集い、語り合い、支え合い、こころの重荷を少しずつ軽くし、元気を取り戻していきます。お悩みの方はぜひご相談ください。 まほろば会は、精神に障害があっても自立して安心して暮らしていける社会の実現を目指して活動しています。

家族会とは

NPO法人奈良県精神障害者家族会連合会(まほろば会)は、精神障害に関する福祉施策の向上、精神科医療の改革、前進を求め、精神障害があっても安心して普通の生活ができる社会の実現と、家族が直面する問題を解決するため活動を行っています。

家族会は毎月定例会をひらき、同じ悩みを持つ家族が気兼ねなく話合い、互いに助け合い、元気を回復します。

主な活動

本人も家族も、地域で安心して自立して暮らせる社会を目指し、電話相談、月刊『まほろば会報』の発行、講演会・イベントの開催、精神障害者保健福祉向上のための国や奈良県等への要望活動、県内家族会の連携支援等を行っています。

電話相談

相談は 0742-51-5506へ 

「同じ悩みをもつ家族による電話相談」です。同じ苦しみを経験してきた家族が相談に対応します。一人で悩まないでください。わからないこと、尋ねてみませんか?医療や福祉制度への架け橋にもなります。お電話ください。こころがきっと軽くなります。

 TEL:0742-51-5506

 毎週 月・金 10時30分~15時